積み木の家

利便性の高い地域に住むなら|不動産会社選びが重要

城西の人気エリア

一軒家

ここ数年の間にマンションをはじめとする不動産価格の高騰が叫ばれていますが、その流れに乗って土地の価格もじりじりと上昇基調にあります。都心はもとより、少し離れたエリアでも人気がある場所はかなりの高額となっていますので、不動産を探されている方は狙っているエリアの相場を把握することが重要です。今回は、城西の区として人気のある杉並区の土地事情について見ていきます。杉並区内には、北から西武新宿線、JR中央線、京王井の頭線の3つの路線が走っており、それぞれ土地の価格帯が異なってきます。もっとも高いのがJR沿線で、杉並区内にある高円寺、阿佐ヶ谷、荻窪、西荻窪の4つの駅から徒歩20分圏内であれば、安いところでも坪単価が170〜180万円、駅地価であれば200万円を超えるところもザラにあります。世田谷区と比べるとやや低めではあるものの、なかなかのお値段です。次に井の頭沿線ですが、こちらはJRよりもやや安くなります。ただし、沿線の永福町、浜田山、久我山などは高級住宅地として知られており、この辺りであればJR沿線とそん色のない価格帯となってきます。予算を抑えるのであれば高井戸近隣が狙い目ですが、環状八号線が走っているために環境との比較となります。西武沿線は杉並区内で最も不動産価格がリーズナブルなエリアですが、それでも坪単価にすると150万円ほどはするので決して安くはありませんが住環境は整っているので、予算次第でこちらの不動産を狙ってみるのもいいでしょう。